本サイトはIHSプロダクトデザイン部門のホームページです

IHSプロダクトデザイン部門では製造業のR&D、開発部門、設計部門の研究者、技術者のイノベーション、課題可決、業務効率アップを支援する様々なソリューションをご提供しています。 その他のIHS製品やより詳しい会社概要についてはwww.ihs.comをご覧ください。

お問い合わせ

IHSグローバル株式会社 Eメール: PDJAPAN@ihs.com 電話: 03-6262-1700 FAX: 03-6262-1701 住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1     東京スクエアガーデン 12F
Google Map: https://goo.gl/maps/5RkqnXdeYHQ2

導入事例 – ドレッサー・コンソリデーテッド社

ASMEコードはボイラー及び圧力容器規格のグローバルスタンダードである。ドレッサー・コンソリデーテッド社(Dresser Consolidated)ではこれまで紙媒体(ハードコピー)のASMEコードを使用してきたが、現在ではASMEコードのインターネット製品である「ASME BPVC Advantage」を導入したという。 本製品はIHSがASME(アメリカ機械学会)よりライセンスを受けて共同で開 [...]

導入事例 – 三菱重工業株式会社

日本の航空・宇宙産業のリーダーとして最新鋭の航空機や宇宙機器を製作している三菱重工業株式会社 名古屋航空宇宙システム製作所(以下、名航)では、IHSの工業規格オンラインデータベースサービス「IHS Standards Expert」を導入活用しています。技術情報の管理部署、及びヘリコプタ・航空機設計部署のエンジニアにご協力いただき、効果や評価について詳しく伺いました。 名航の概要と各々の業務につい [...]

導入事例 – ANA(全日本空輸株式会社)

ANA(全日本空輸株式会社)は1952年に設立された伝統ある航空会社である。ANAの国内線・国際線を合わせた旅客数は年間約5000万人であり、世界で第11位の輸送実績を誇る。 そのANAは1970年代から、IHSのミルスペックをはじめとする公知規格情報サービスを利用しているという。なぜ、航空会社が軍事規格であるミルスペックを使うのか、どうしてIHSの公知規格データベースが導入されたのか、その理由に [...]