Project Description

MAHLEパワートレイン社: 未来のエンジンにイノベーションを取り入れ、マーケットリーダーの地位を確保

MHLEパワートレイン社は、性能、精度、完璧を追究する情熱と独創性をもって、未来のエンジン技術の研究を続けており、新しい技術の実証から導入までの期間の短縮に取り組んでいます。

同社は、燃焼機関やエンジン周辺機器の分野において、その独自のシステムで、自動車・エンジン産業にとっての主要開発パートナーの1社となっています。特に、ピストン系、シリンダー構成部品、バルブトレイン系、空気・液体の管理システムを提供するシステムサプライヤーとしてトップ3社の一角を占めています。MAHLEパワートレイン社は、年商51億ユーロ、製造工場70カ所、従業員約38,000人という規模を誇る世界トップ30社に入る自動車関連サプライヤーのMAHLEグループの子会社であり、2000名の開発エンジニアが、未来を見据えた製品、システム、プロセスの開発に取り組んでいます。

課題

  • 市場の現在の需要を特定し、MAHLEの強みであるイノベーションでギャップを埋める。
  • 燃料からの排出量を削減し、燃料を大幅に節約するとともに、市場が求める様々な要素を満足させられるエンジン関連製品開発を支援する。
  • 市場投入までの期間を短縮するため、設計決定の開発に迅速に取り組む。

ソリューション

IHS Product DesignとIHS Goldfire®

結果

  • ファンクションモデルを使用して、エンジンシステムをビジュアル化し、社内あるいは世界中の知見の中の関連コンセプトにアクセスできる統合セマンティック技術で、まだ実用化されていないイノベーションの可能性を調査した。
  • 統合セマンティック技術により、MAHLE社内のシステム、IHS Goldfireの技術コンテンツ、世界全体のナレッジから、円滑に学際的なコンセプトを検索できるようなった。
  • IHS Goldfire Intelligenceにアクセスすることで、新しい知的財産としてソリューションを再検証し、保護することが可能になった。
  • 新型のバルブトレインとディアクティベーションシステムを迅速に開発したことで、2件の特許を取得し、OEMメーカーとの共同開発プロジェクトにつながった。

MAHLEグループは、拡張、競争力の強化、技術革新への投資を原動力として、業界平均を大きく上回る成長を遂げてきました。これまで80年以上、リーダーとして業界標準を作り、多くの顧客の成功をサポートしてきました。

高い性能、経済性、環境への適合性、安全性、信頼性、快適さ、費用対効果など、現在、自動車に対する要求は複雑化しています。

このことは、自動車のイノベーションの最前線では当然のことです。現在、世界経済は非常にフラット化しており、自動車市場では既に長い間、大きな価格プレッシャーにさらされています。そのことによって、精度と信頼性の優れた製品を供給することが、事業で成功を収める上での必須条件となっています。自動車業界全体に影響を及ぼす現代社会の抱える緊急課題(特に、地球温暖化防止のための炭素排出量の削減や、エネルギーコストの急騰に対処するための燃費の向上)が、この難題をさらに困難なものにしています。

各種の研究によれば、乗用車や商用車が排出する炭素量は、人間の活動によって発生する総炭素量のわずか12パーセント程度であることが分かっています。それでも、自動車産業は、人、エコロジー、経済の要素と技術の進歩を調和させるという課題に直面しています。MAHLEは、技術分野のリーダーとして、こうした市場のニーズを満たせる新しいエンジン技術を生み出すために、その革新性という長所を最大限活用できる場を求めていました。

MAHLEの研究者は、現時点ではまだ理論研究の段階ではあるものの、エンジン産業の未来につながるであろう技術を研究しています。同社は、最新の革新的ツールを使用し、製品設計に実証済みの手法を取り入れるという体系的なアプローチを順守することで知られていますが、その取り組みを支援するものとして選んだのが、意思決定最適化エンジンのIHS Goldfire®でした。

同社のチームは、Goldfireの優れたイノベーション機能を活用して、システム設計のビジュアルモデルを呼び出し、ツールの力を利用してイノベーション関連タスクに取り組むことにしました。その際、同社は、システムの基本設計を変更させずに、燃料性能を向上させる方法を見つけるという課題を抱えていました。

そこでIHS Goldfireを導入したところ、同社のエンジンのシステム設計を参照基準として、市場が既に対応している領域とギャップのある領域を特定するための大規模な調査をごく短期間で実施することができました。こうして得られた結果は、エンジンシリンダーの開発や、燃費向上のための小型化技術の信頼性の向上に役立てられました。

同社は、精度・速度に優れたIHS Goldfireを活用して、新型のバルブトレインとディアクティベーションシステムの開発に成功しました。その結果、2つの特許を取得し、OEMメーカーとの共同開発プロジェクトにつなげることができました。

2番目のプロジェクトとして、MAHLEはIHS Goldfireを、小型化エンジンのターボチャージング関連分野の特許取得に関して他社の特許を回避することに活用しました。この取り組みは、ロバート・ボッシュ社との折半出資会社設立という形で見事に実を結び、同社を通じて、乗用車、軽商用車用の排気ガスターボチャージャの開発、製造、販売を行うことになりました。

2008年6月には、新たにBosch Mahle Turbo Systems GmbH & Co. KGが設立され、事業を開始しています。両社とも、排気ガスターボチャージャは、燃料消費量と炭素排出量を持続可能な形で削減するための主要な技術の一つであると考えています。

私たちは、新たな成長の機会をつかむために素早く行動し、私たちの革新的な技術によってできるだけ早く顧客が確実に利益を得られるようにしなければなりません。IHS Goldfireは、社内のシステムやデータベース、世界中の特許文献に迅速かつインテリジェントにアクセスするための開発プラットフォームが構築されているので、調査や開発プロジェクトをスピーディーに行えるようになりました
ヒュー・ブラクシル氏, MAHLEパワートレイン社チーフエンジニア

MAHLEパワートレイン社でチーフエンジニアを務めるヒュー・ブラクシル氏は、次のように述べています。「IHS Goldfireがなかったら、開発や投資をした後で、他社の特許を侵害していたことに気付くという大きなリスクを負っていたでしょう。IHS Goldfireを導入してから、エンジニアリング面での取り組みが加速しました。このことは、市場機会を捉える上で大きかったと思います」

MAHLEでは、イノベーションにおけるマーケットリーダーの地位を確かなものにしただけではなく、より持続的な未来を意識したエンジン設計を行うことで、自動車産業に飛躍をもたらしたのです。