2016年GoldfireはIHS Engineering Workbenchに生まれ変わります。

The Optimal Decision Engine for Enterprise Searching.

技術に関するリサーチと問題解決の迅速化を実現する統合プラットフォーム

企業は今、 技術部門が企業の成長やコストの最適化、 リスク管理などに直接貢献することを期待しています。

市場競争力を維持するためには、 技術に携わる皆様は、 その具体的な新規テーマの選定や新しいマーケットに適応、 対応する為に社内、 社外を問わず様々な必要となる情報にアクセス、 入手できることが必要です。

これまでの技術に携わる皆様はシステムの壁、組織の壁、言語の壁、分野の壁があり必要な情報やツールに効率的にアクセスすることが困難でした。

実際、ある研究によると、エンジニアが1つの技術的な問題を解決するために平均して13 の社内・社外の情報源を参照しています。

その結果、エンジニアは情報収集ためだけに40% 以上の業務時間を費やしてきました。そして、求めていた情報が見つかっても、ここから効率的に最適な知見や解決策を導き出すことが出来ませんでした。

0
%、2002年以降技術者の調査時間が増加している
0
% の研究開発費が無駄な重複調査業の務に費やされている
0
の意思決定は不完全または不適切な情報をもとに行われている
0
% 以上の業務時間をエンジニアは情報収集ためだけに費やしている

技術に関するリサーチと問題解決の迅速化を実現する統合プラットフォーム

企業は今、 技術部門が企業の成長やコストの最適化、 リスク管理などに直接貢献することを期待しています。

市場競争力を維持するためには、 技術に携わる皆様は、 その具体的な新規テーマの選定や新しいマーケットに適応、 対応する為に社内、 社外を問わず様々な必要となる情報にアクセス、 入手できることが必要です。

これまでの技術に携わる皆様はシステムの壁、組織の壁、言語の壁、分野の壁があり必要な情報やツールに効率的にアクセスすることが困難でした。

実際、ある研究によると、エンジニアが1つの技術的な問題を解決するために平均して13 の社内・社外の情報源を参照しています。

その結果、エンジニアは情報収集ためだけに40% 以上の業務時間を費やしてきました。そして、求めていた情報が見つかっても、ここから効率的に最適な知見や解決策を導き出すことが出来ませんでした。

技術部門のための知識プラットフォーム

IHS Engineering Workbench ™は、技術に携わる皆様がこうした情報に関する状態を打破することを可能にするブレークスルーソリューションであり、多く点在する社内外の情報を横断的にアクセスできる機能を持っています。また、Engineering Workbench の高度な検索技術やコンテンツ分析機能を使用する事により各種データから精度の高い回答を迅速に導き出すことが可能です。

Engineering Workbench はIHS が保有するコンテンツをベースに皆様が良く確認するデータ分析・問題解決機能で意思決定のスピードアップをサポートします。その結果、新技術を他社に先駆けて市場投入できます。研究者はより効率的なプロセスを短期間で発見でき、エンジニアはよりスピーディに問題を解決できるようになります。これらが企業の成長をドライブし、収益性の向上とリスク軽減をもたらします。

より優れた回答をより迅速に

IHS Engineering Workbench のResearch Assistant は、文章を理解し、膨大な情報の中をガイドし、関連するコンテンツまで掘り下げて、迅速に解決策まで導いてくれる、「仮想の専門家」として機能します。

IHS Engineering Workbench には、社内のエンジニアや科学者などの技術者がプロジェクトを遂行する上で必要なeBook や特許情報、学術誌、レポート、設計方針などの必須コンテンツへのアクセスを可能にした革新的な検索機能が組み込まれています。

また、社内の文書システムへのアクセスも提供し、ナレッジの維持や発見を行いやすくしています。

Engineering Workbench は、これらの異なるデータソースの中から回答や知見を抽出できる強力な分析機能を搭載し、確かな情報に基づいた意思決定が行えるようにします。

さらに、Engineering Workbench では、根本原因解析、技術・特許の傾向分析、消費者心理分析機能など、高度なリサーチ、問題解決、分析ツールも提供しています。

これらのツールは、研究者、エンジニアなどのナレッジワーカーの日々の業務を適切にサポートします。

研究者、エンジニアにとってのメリット

技術的な課題に対する解決策を素早く発見して、研究開発や問題解決をスピードアップし、設計段階での手戻りを最小限に抑えることができます。

図書管理部門や技術情報管理部門にとってのメリット

知識源の利用度の向上とともに、エンジニアや研究開発チームに提供する技術的な回答の有用性を高めることができます。経営者にとってのメリット新しいイノベーションを迅速に市場投入して売上を拡大することのほか、エンジニアリングの生産性の向上や、再設計・手戻りの発生防止による収益性の向上が見込めます。また、迅速な問題解決が図れるようにすることでリスクを軽減することが可能です。

gear