IHS BOM Manager – – 「ディスコン品や環境情報がすぐにわかる」

BOMをインポートするだけで、生産中止情報、将来の生産予測や環境対応情報がすぐにわかる

BOM Managerはハイレベルな製造中止情報管理を必要とされる企業様向けのBOM管理ツールです。BOM ManagerはCometの上位製品として位置づけられ、階層型BOMのインポートや複数BOM間の部品検索やヘルススコア分析機能などに対応したより高レベルなBOM管理が可能なウェブアプリケーションです。

半導体や電子部品は製品のライフサイクルが早いため、電子機器を販売または使用している企業や政府機関においてその生産中止による部品供給の停止が問題視されています。中でも航空機・防衛機器や医療機器のような中長期にわたって利用される機器においてこの問題は深刻です。続きを読む・・・
IHS CAPS Universeは世界中の主要な500社の半導体・電子部品メーカーの部品データにアクセスできるオンラインデータベースです。部品番号、電気特性値、 カテゴリー、キーワード、メーカー名などからすばやく検索することができます。続きを読む・・・
BOM Managerはハイレベルな製造中止情報管理を必要とされる企業様向けのBOM管理ツールです。BOM ManagerはCometの上位製品として位置づけられ、階層型BOMのインポートや複数BOM間の部品検索やヘルススコア分析機能などに対応したより高レベルなBOM管理が可能なウェブアプリケーションです。続きを読む・・・
4DOnlineでは2000社以上1億以上の部品データが収録されています。これら膨大な部品情報の代替品、模造品、環境文書、紛争鉱物情報など互換品の調査から購入部品のコンプライアンス調査まで半導体・電子部品の選定、調達に必要な多岐にわたる情報を単一のデータベースで利用することができます。続きを読む・・・
IHSでは世界中、600社以上の半導体・電子部品メーカーの製品データを取り扱っています。毎年IHSが受領するPCN/EOLの数は増加しています。2008年12月 | 2009年6月

BOM Managerはお客様のBOMとIHS ED(エレクトロニクスデータベース)の自動マッチングを行うことで、BOM内の各パーツのスタータスやライフサイクル、環境コンプライアンス対応などの最新状況が一目でわかるBOM管理ツールです。ユーザーはメーカーや商社のサイトからパーツをひとつひとつ検索する必要はありません。パーツナンバーとメーカー名さえBOM Managerにアップロードするだけで、どの製品がディスコンになっているかやBOMの製造中止製品数やRoHS対抗部品数などが一目でわかります。

大量の半導体や電子部品から構成されるBOMの製造中止情報や仕様変更情報を管理する作業は容易なものではありません。BOM Managerではユーザーが使用しているBOMをアップロードするだけで、各パーツの最新状況がすぐにわかり、生産中止による設計変更のリスクを軽減できます。さらにアプリケーションノートやデータシートはもちろんPCN/EOL関連の通知書もまとめてダウンロードすることができます。

このようなことにお悩みではありませんか?

  • 部品検索や調査に時間がかかる。
  • パーツが多すぎてメーカーのホームページで調べる作業が面倒
  • 最新情報だけでなく古いパーツの情報もほしい
  • BOM内のパーツの仕様変更や製造中止の確認や集計に時間と手間がかかる
  • BOM内のパーツの互換品・代替品をまとめて知りたい
  • BOM内のパーツの将来のライフサイクルを知りたい
  • BOM内のパーツのステータスを自動的にモニタリングしたい
  • BOM内のパーツのEOLが出る前に、事前に対応したい
  • BOMのデータをきれいにしたい。

導入のメリット

  • 複数のメーカーのパーツをまとめて検索できます。
  • BOM(部品表)をインポートするだけですべてのパーツのステータスがまとめてわかる
  • 緊急調達や設計変更にともなうコストやリスクを削減できる
  • BOM(部品表)内の各パーツの製品仕様変更(PCN)/製造中止部品(EOL)と数がわかる
  • BOM(部品表)内の各パーツの将来のライフサイクル予測がわかるので、再設計・再評価のリスクを低減できる
  • BOM(部品表)内の各パーツのPbフリー/EU-RoHS指令/China-RoHS指令対応状況がわかる
  • 複数のBOM(部品表)をインポートできる
  • 複数のBOM(部品表)の横断検索ができる
  • 階層型のBOM(部品表)をインポートできる
  • アセンブリ、製品、ライン単位で生産中止状況や環境対応状況がわかる
  • 自分のBOMとのマッチング比率が製品導入前にわかる
  • ツールを使ってBOMのデータクレンジングを行いマッチング比率を上げることができる
  • パーツごとに互換品/代替品のメーカーとその数がわかる