IHSはANSI規格オンラインサービスのリーディングプロバイダーです。

API、ASME、ASTM、BSI、DIN、IEC、ISO、SAEなど 世界中の規格団体の最新規格がいつでもオンラインで利用できます

お問い合わせ

IHSはANSI規格検索サービスをオンラインにてご提供します。ユーザーはANSI規格の最新版をデスクトップ上から検索して、必要な規格をすばやく入手することができます。

ANSI 規格は、建築用製品や消費材から核安全規格まで膨大な種類の項目が含まれています。ANSI 規格サービスには、ANSI により作成、出版、複写されたあらゆる文書、および米国の品質管理協会(ASQC)と情報と画像処理協会(AIIM)から得た文書が含まれています。 ANSIが認可規格でも別の組織が著作権をもつ規格はこのサービスに含まれていません。ANSI規格は以下のコレクションにてご利用頂く事ができます。

製品コレクション

  • ES510 ANSI – AMERICAN NATIONAL STANDARDS INSTITUTE – COMBINED WITH ASQC AND AIIM

サブコレクション

  • ES511 建設 / Construction
  • ES512 機械 / Mechanical
  • ES513 電気および電子 / Electrical and Electronic
  • ES514 化学薬品 / Chemical
  • ES515 核物質 / Nuclear
  • ES516 情報システム / Information Systems
  • ES517 写真 / Photography(Include AIIM)
  • ES518 その他 / Miscellaneous
  • ES519 一般 / General
  • ES549 フィナンシャル・サービス / Financial Services

付属抄録情報サービス

ANSI規格のいづれかのコレクションをご利用頂くと、その他、ASME、ASTM、AWS、BS、DIN、IEC、IEEE、ISO、SAE、ULなどの最新の海外工業規格の抄録情報データを閲覧することができます。

ANSI規格ご利用の注意点

ANSI/NEMA MW 1000、ANSI/TIA-606-B-1、ANSI/UL 913、ANSI/IEEE C57.18のように規格番号にANSIとつく規格は多く発行されています。これはANSI Adoptedとして採用されているものを意味しますが、ANSIが著作権を保持し、発行しているものとは限りません。このため発行元は各それぞれの規格団体による場合が少なくありません。ご希望のANSI Adopted規格がどのコレクションに含まれるかご確認をされたい場合にはIHSの営業担当までお問い合わせください。

IHS Standards Expert for Engineering Standards and Documents

設計部門から営業部門に至るまで、社内のあらゆるユーザーが、デスクトップ上から世界中の標準規格の最新版を利用できるようになります。個人で利用することも、Aの部署単位でご利用頂くこともまたは世界中の拠点にまたがってご利用頂くこともできます。またいずれの規格をご購読されても、検索機能はすべてご利用いただくことができるため、規格番号、団体名、規格タイトル、発行日、改訂日から必要な規格情報を引き出すことができます。規格原文ドキュメントをPDFファイルにてダウンロードすることができ、更に改訂された規格はEメールにて改訂情報が通知されるので間違って古い規格を使用してしまう心配はありません。

お問い合わせ

工業規格の利用者のための専用ツールがIHS Standards Expertです。

Eメール通知

規格が改訂された場合にはEメールで通知を受けることができます。通知対象の規格はリストとして管理できるので通知メールを削除した場合でも安心です。

規格リスト共有

特定のプロジェクトに利用する規格をリストとして管理できます。これらのリストは特定のメンバー間で共有できます。

全文検索

IHS Standards Expertはフルテキストサーチに対応しています。ぶあつい規格書の本文に対して全文検索をかけることができます。自分の業務に関係のあるページを直接開くことができます。

自動改訂

規格の改訂は各規格団体と提携しているIHSが直接行います。ユーザー側で改訂管理を行ったりする必要はありません。業務で必要なときはいつでも最新版にアクセスできます。

一元管理

IHSでは欧米の主要規格団体をはじめとする400を超える規格団体とのパートナーシップにより100万件を超える規格文書の一元管理を行っています。救数の規格団体と規格文書を1つのサイトから単一契約で利用できるようになります。

いつでもアクセス

ご自分のパソコンからいつでも必要な規格にアクセスできます。ライブラリーに閲覧しに行ったり、購入する度に購入申請、発注処理をする必要がなくなるので、規格の受領待ちのために業務を止めることがなくなります。